タイムレコーダーで遅刻や早退を把握、勤怠管理を楽にしよう!

タイムレコーダーの利便性

日本の場合は雇用形態に関係なく、労働時間に制限があります。そのため、誰がどれくらい働いたのかをしっかりと管理しなければなりません。社員の労働時間をいちいち記録するのは非常に手間であり、またミスが発生してしまう可能性も否定できません。
そんな時に便利なのがタイムレコーダーです。タイムレコーダーはその名の通り時間を記録してくれる機械で、代表的なものとしてはタイムカードがあります。タイムレコーダーで出退勤日数や勤務時間をしっかりと管理することで給与計算なども効率的に行えるようになり、非常に便利です。
タイムレコーダーはそれほど高価な商品ではなく、比較的安価で手に入ります。業務が効率化でき、デメリットもないので、もし導入していないのであれば導入してしまいましょう。

ネットでの管理も可能に

タイムレコーダーというと一般的にはタイムカードのイメージが強いのですが、最近ではICカードで記録することも可能になっています。ICカードと言っても新たにカードを作るわけではなく、普段利用している定期券などをそのまま利用することが出来るので従業員にとっては非常に便利です。
またタイムカードのように紙に記録するのではなく、自動的にネットに保存されるので、いちいち入力し直すという手間もありません。保存する必要もないのでカードの紛失なども起こらず、全体的に管理が行いやすくなっています。
このようにタイムレコーダーも時代と共に進化しています。本業と関係のないところはどんどん効率化を図り、業績アップを目指したいところです。