タイムレコーダーなら残業時間が一目瞭然、勤怠管理はお任せ!

出退勤時刻を記録する方法

タイムレコーダーは会社に出社した時と退社する時に使う設備機器の一つですよね。タイムカードを挿入するタイプやICカードをタッチするタイプなどがありますが、時刻を記録する事で出退勤時刻の証明を行っています。
9時出社で18時退社の会社の場合、9時前に打刻が行われていれば遅刻にならない、18時以降に打刻が行われていれば早退になりません。両者の条件を満たしていれば1日の所定労働時間を満たしたと言う証拠になります。
タイムレコーダーを使って出退勤時刻を記録しておけば、日々の勤怠義務を果たした証明になりますし、残業時間に仕事をしている場合には残業手当の支給を受けられるようになるわけです。
尚、残業時間には通常の残業時間帯と深夜残業時間帯があり、タイムレコーダーで記録してある情報で両者を区別して集計を行う必要があります。

勤怠管理をシステム化するとどうなる?

タイムカードに記録されている時間情報は、パソコンなどを使って入力を行う、入力後に残業時間の自動集計を行う会社は多いのではないでしょうか。
しかし、従業員の数が多い場合などでは入力業務の工数が多くかかる、入力ミスをしてしまうと正確な勤怠管理が出来なくなります。
勤怠管理をシステム化すると、入力作業を行わずに集計処理が出来るので効率的に行えると同時に正確な勤怠感が出来るようになると言ったメリットを持ちます。
勤怠管理をシステム化したタイムレコーダーの場合、リアルタイムに集計処理が行われているため、日々の残業時間の把握を行えるようになります。
これにより、従業員一人一人の残業時間をチェックし、仕事が偏っていないのかと言った把握も行えるようになります。