出退勤時刻をタイムレコーダーで記録!労働時間を把握して適正な勤怠管理を!

タイムレコーダーで出退勤時刻を記録する方法には何がある?

タイムレコーダーは勤怠管理の時間管理や残業時間の把握などに重要な設備の一つです。
厚紙で製造が行われたタイムカードをタイムレコーダーに挿入した時に時刻を記録出来ますが、タイムレコーダーにはタイムカードを活用するアナログ式以外にも指紋認証やICカードと言った方法で出退勤時刻を記録する方法もあります。
ICカードは社員証などで利用するものを使えるので新しくICカードを作る必要がありません。既にICカードを導入している企業の場合はICカードを使うタイムレコーダーをすぐに導入出来ると言ったメットを持ちます。
アナログ式の場合はタイムカードに記録が行われますが、ICカードの場合には専用端末やコンピュータに記録が行われるため集計作業などの工数を削減する事が出来ます。

勤怠管理の目的とは何か?

勤怠管理には遅刻や早退の有無、一日の所定労働時間のチェック、有給休暇の取得率、そして残業時間の集計並びに把握などの目的があります。
把握を行うのは使用人だけではなく、従業員の双方になります。
紙のタイムカードの場合はカードを見れば残業を何時まで行っていたのかを双方が把握する事が出来ます。
勤怠管理システムなどの場合もユーザーのパソコン上で日々の勤怠情報を双方が確認出来るようになっています。
残業時間と言うのは、どうしてもその日の内に行っておかないと納期が間に合わない、他の業務が重なっているので超過業務を行う必要がある時に行うものです。
しかし、残業時間が多くなると身体への負担も大きくなり健康を害してしまうケースもあり、使用人は従業員の残業時間をチェックし、適正な勤怠管理を行う必要があります。