タイムレコーダーを使って経営者・労働者ともに公正な勤怠管理をしよう!

労働者の勤務状況を数字で把握できる

会社には就業規則があり、その中には始業時間や終業時間、残業や休日のことが記載されています。労働者はこれを守って仕事をする必要があり、使用者は労働者がきちんと守っているかを管理する必要があります。方法としては、労働者による自己申告があります。何時に出社しました、退社しましたなどを記載させて後で提出させる方法です。かなり労働者のことを信用しないといけないでしょう。
タイムレコーダーを利用する方法の場合、機械で出社時間、退社時間などを記録することが出来ます。自己深刻だと多少ずれがあったり、ミスの記載などもあるかもしれません。タイムレコーダだとその時間に打刻して記録されるので、ミスがありません。その後に修正することもできません。

ネットワーク対応のタイムレコーダー

企業の問題としてあるのは、労働者の残業時間があります。残業時間が長くなれば、その分疲れがたまります。それによって体調不良などを起こす可能性があります。通常のタイムレコーダーの場合、1箇月が終わらないと労働状況が把握できない場合がありました。なかなか指導することが出来ない状態でした。
新しいタイプのタイムレコーダーとして、ネットワークに対応したものがあります。社員が出社をすると何らかの形で打刻をします。すると、そのデータがネットワーク上のサーバに記録されます。その社員の管理者や人事担当者は、リアルタイムで社員の労働状況を把握できます。1箇月の最初の方で残業時間が多くなっているとき、それをすぐに注意することが可能になります。